勤務先の種類

勤務先の種類

ネイリストにはどのような活躍の場があるのでしょう?サロンワークだけでなく自分のスキルを活かした魅力的なお仕事がたくさんあります。ここでは勤務先の種類についてご説明します。

ネイリストの就職先

ネイルアートやネイルケアを専門にしているネイルサロンだけでなく、ネイリストの働く場所はさまざまです。多様化するネイリストの活躍の場をいくつかご紹介します。

○ネイルサロン
ネイリストの仕事場といえば、やはりネイルサロン。
ネイルサロンと言っても全国に系列店舗をもつような大きなサロンから、個人が自宅で開業しているサロン、ネイルスクールを持つサロンなどがあり、店の立地や雰囲気がそれぞれ違います。ターゲットとする客層によって、デザインやメニューも異なってきますので、しっかりと見たうえで自分に合ったサロンをみつけるといいでしょう。

○美容室・ビューティサロン
美容室やエステ、まつげエクステサロンなどにネイリストが常駐する場合もあります。
ネイルに加え、他業種の技術ももっていれば、ネイル以外にも対応できる美のスペシャリストとして重宝されることもあるかもしれません。ただ他業種との同時施術をおこなうこともあるため、連携して時間を合わせて施術したり、無理な体制での施術をしなければならないこともあります。

○ホテル・結婚式場
ブライダル挙式を行っているホテルや結婚式場、サービスの一環としてネイルを取り入れているホテル内のサロンも、ネイリストの就職先のひとつです。なかにはブライダルネイル専門のサロンもあります。一生に一度の結婚式を彩るネイルでは、特に3Dアートやスカルプチュアなど高度な施術の需要が多いため、高い技術力が求められます。

○サロン開業・フリーランス
自宅や賃貸テナントでネイルサロンを開くほか、店舗をもたないフリーランスとして働く人も多くいます。
特に自宅で開業する「ホームサロン」は、子どもを持つ主婦ネイリストや副業として働く方を中心に増えています。フリーランスのネイリストはサロンと業務委託契約を結び、週に何日か場所を借りて働いたり、予約が入ったときに行って施術したりします。いずれも、自由に働くことができる分自分の実力が収入に反映されるため、その覚悟や努力が必要になりますが、大きなやりがいが感じられる働き方です。

○イベントブース
総合デパートや娯楽施設等の一角でブースを構え、ネイルの施術を行うこともあります。
最近では住宅展示場や漫画喫茶などでもネイルブースがみられるようになりました。その場合、派遣会社などを通じて仕事を任される場合が多いようです。派遣では短期間もしくは1日単位での業務が多く、スケジュールに合わせて働けるのが一番の魅力です。

○ネイル講師
講師として、ネイルスクールやセミナー等で施術や技術の解説を行います。
比較的勤務時間を自分のスケジュールに合わせられることも多く、空いた時間を使ってネイリストとして働いたり、家事育児と両立している方もたくさんいます。自身が伝えた技術・知識で未来のネイリストを育てるということは、責任も大きいですがその分やりがいも充分。難易度の高いJNA認定講師資格を取得していないと就職の可能性が低く、教えるに値する知識・技術を持ち合わせていないと務まらないため、ネイリストに比べて給与も高いことがほとんどです。

どんな職場でもスキルアップが必要

ネイルスクールに通って資格を取得し、念願叶ってネイリストとしてお仕事!
でもこれで勉強も練習も終わり、ではなくむしろスタートなんです。ネイルの技術やデザインはどんどん変わっていきます。多くのお客様の施術を経験するほど、個々の爪の違いやジェルのメーカー特性、自分の苦手分野等々…気になることやもっと勉強したいことが出てくるでしょう。多くのネイリストが、練習を重ねたりセミナーに参加したり、日々努力しながら自分のスキルを磨いています。そして常に自分を磨き続ける努力を怠らないネイリストには、お客様も自然とついてくるものです。働き始めてからも、新しいことを学んだりしながらスキルアップしていくことは、ネイリストとしてとても大切なことなのです。

しかし、働きながら資格を取得(特に、JNECネイリスト技能検定1級等、難易度の高いもの)することは、日常的なサロンワーク用の練習だけでなく受験のための練習時間も必要となりますので、無理をしすぎてしまったりすることもあるでしょう。取得できる機会があるようなら、なるべくスクール在学中に多くの資格を取得しておくことをおすすめします。

関連記事

  1. サロンワークについて vol.2

  2. 検定の赤本「完全合格ガイド3級虎の巻」改訂版リリース!合格者…

  3. ピンクリボン運動の【 NPO法人 J.POSH】にクラスタイ…

■ 資料のご請求、体験イベント予約はこちら