技術テスト・面接の準備とポイント

技術テスト・面接の準備とポイント

ネイルサロンの場合、書類選考を通過した後は面接や技術チェックという流れが一般的なようです。ネイリストの面接や技術チェックではどのようなところを見ているのでしょうか。ここでは、採用を目指すためにやるべき面接や技術チェックの準備や気をつけるポイントなどを見ていきます。

面接・技術チェックの準備

面接と技術チェックを同日に行う場合もあれば、面接に合格した人のみ別日に技術チェックを実施することもあり、サロンによって流れは異なります。いずれにしても、面接、技術チェックともにきちんと準備をして臨むことが大切です。

面接の前にやっておくべきこと

企業研究として事前に必ずホームページやSNSを確認しておきましょう。できればサロンにお客様として行ってみるとさらに良いでしょう。そのサロンは自分のやりたいことが実現できるのか、自分の強みをいかして貢献できるかなど、入社してからできるだけギャップを感じないようにしっかり確認しておくことが大事です。また、採用担当者は面接で話せば事前に企業研究してきているかはすぐにわかるので、それだけで好印象を与えることができます。

あとは、聞かれることが多い『志望動機』をきちんと自分の言葉で伝えられるようにしておくことも大切です。企業研究をからめて自分のやりたいことを伝えたり、自分の強みをいかしていかに貢献できるかをアピールするなど、「なぜほかのサロンではなく貴社のサロンじゃないとダメなのか」をしっかり【自分の言葉で】伝えましょう。

技術チェックの前にやっておくべきこと

日程の連絡があった際には、以下の事を確認し準備しましょう。

1.試験内容
事前に施術内容を教えてくれるサロンもあれば、行ってから応募者の技術レベルによって実施内容を決定するサロンもあります。前もって教えてもらえるようであれば確認し、練習してから技術チェックに臨むと安心です。

2.道具はどうするか
ニッパーや筆などは自分のものを持参するのが一般的ですが、ジェルやポリッシュなどの消耗品はお店のものを使用するのか、自分が普段使っているものを持参するのかを確認しましょう。技術だけでなく道具を大切にしているかを見ていることも多いです。ニッパーや筆など自分で持参する道具はきちんと手入れをして使いやすくしておきましょう。

3.モデルは必要か
サロンスタッフに施術する場合もありますが、モデルを連れて行かなければならないこともあります。モデルが必要な場合は自分の施術のしやすいモデルさんにお願いし、技術チェックの前に状態を確認しておきましょう。

面接・技術チェックで気を付けるポイント

いよいよ本番!面接や技術チェックに臨む際に気を付けると良いポイントをまとめました。

時間厳守

時間通りに来るかどうかも選考のうちです。ここで遅刻してしまうと勤務してからも遅刻するだろうと思われてしまいますので、時間に余裕を持って出掛けましょう。
万が一約束の時間に遅れてしまいそうだったり何かトラブルがあった場合には、必ず先方に連絡しましょう。

身だしなみ

応募サロンの雰囲気に合った服装や髪形、メイクにしましょう。特に指定がない場合はスタンダードなスーツが無難です。
ジャケットの中はシャツだけなく白のカットソーも用意しておくと、技術チェックの際に施術がやりにくくならずおすすめです。サロンの指定や雰囲気に合わせて使い分けるとよいでしょう。必要であればエプロンも持参します。髪の毛は、検定試験と同様にアップスタイルにしたりピンなどで止めて顔にかからないよう準備しましょう。

自身のネイルについてはあまり長すぎて施術しにくいようなスカルプでなければ、きちんとやっていくのがおすすめです。お店の雰囲気に合ったデザインを自分の爪に施していくとよいでしょう。

技術チェックで見ていること

サロンによって試験内容はさまざまですし、試験官によっても重視しているポイントは異なります。仕上がりのきれいさはもちろん重要なポイントですが、「正しい手順で丁寧に施術を行っているか」が大前提になります。担当者は、【一緒に働く仲間としてしっかり頑張ってくれるかどうか】をさまざまなポイントで確認していますので、普段からネイルに真摯に向かう姿勢を身につけておきましょう。

まとめ

人気が高くハイレベルなサロンの場合、同時に面接に臨んでいる応募者と競わなければならないこともあります。
応募者が複数いるときは難易度の高い資格を持っている方が当然有利になるので、できればスクール在学中に取得できるようコース選びをするといいでしょう。ですが、保持資格、技術レベルの部分でも並んだ場合、最後の決め手になるのはやはり【人柄】。採用担当者が「この人と一緒に働きたい」と思えるかどうかが大切です。
・ハッキリとした明るい挨拶ができるか
・礼儀正しい態度か
・明るい雰囲気で会話ができるか
・一生懸命取り組めるか
これらは人として基本的な部分ですが、そこがきちんと出来ている人なら気持ちよく働けて信頼できるスタッフになるだろう思わせます。

面接に不安があるようならネイルスクールで就職相談を受けたり面接チェックなどをしてもらい、自信をもって臨めるように準備しましょう。

関連記事

  1. ネイルサロン就職事情 vol.1

  2. クラスタイルのお仕事!芸能人の「先取りネイル」が気になります…

  3. 「活躍できるネイリスト」になるために学ぶべき2つのこと

■ 資料のご請求、体験イベント予約はこちら