ネイリストの服装

ネイリストの服装

ネイリストはどんな服装で仕事をしているのでしょうか?ここではそのお仕事着についてお話します。

【私服か制服かはサロン次第】

勤務時の服装は大きく分けて私服勤務か制服着用のどちらかで、ネイルサロンによって異なります。複数店舗を持つようなチェーン店などは制服を採用しているところも見られます。私服勤務のサロンでもお店のロゴが入ったお揃いのエプロンを着用するなど、どこかで統一感を持たせる場合が多いです。それぞれのメリット、デメリットや気を付けるべきことなどを見ていきましょう。

【私服勤務の場合】

私服で勤務する場合は次のようなメリットやデメリットがあります。

《メリット》
・個性が出せるのでお客様の印象に残りやすい
・いつも流行を気にかけることができる
《デメリット》
・いつも同じ服にならないように気を遣うため、洋服代がかかる
・私服が汚れてしまう

ネイリストは常に手先を使うため、袖や腕周りにボリュームがある服を着ていると施術しにくくなります。
またフットネイルの場合はかがんだ状態で施術することもありますから、短いスカートなども動きを妨げてしまいます。

一番は『施術に影響しないもの』。
施術中にホコリが入りやすいため毛足の長いニットなどは避けたり、腕まくりをしないですむように七分袖のトップスを好んで選ぶネイリストもいます。
経験を積む中で自分のやりやすいスタイルを見つけていくことが出来るでしょう。

とはいえ、やはり私服だと好きな服を着ておしゃれも楽しめるし、その日に着ている服のことで話が盛り上がったりすることもあるため、メリットも多いと言えます。
やはり服装やアクセサリーなどのセンスの良いものを身につけているネイリストには、お客様もついてくるもの。
お客様から見える上半身、例えばトップスの色や柄、ピアスやネックレスなどに気を使うと、印象に残って覚えてもらいやすくなります。

【制服勤務の場合】

ここまで私服勤務について触れてきましたが、制服の場合はどうでしょうか。
そのメリット、デメリットなどを見ていきましょう。

《メリット》
・コーディネイトを考えなくていいので楽
・店舗内の統一感がある
《デメリット》
・個性があまり出せないためお客様に覚えてもらいにくい
・流行りや新しいものに疎くなる場合がある

制服が指定されている場合、エステサロンのような上下セットアップになっているものや、お揃いのトレーナーやTシャツなど指定のトップスにパンツは自由というようなものもあり、サロンによって様々です。

お揃いの部分が多いほど統一感は出ますが、その分みんな同じように見えてしまうため個性がなくてお客様に覚えてもらいにくいという一面もあります。
また、日々の業務や練習に追われるあまり服装に手を抜いてしまうなんていうことも。
美容に関わる仕事をしている以上、トレンドに対してのアンテナを常に張ることを忘れずにいたいものですね。

【私服でも制服でも気を付けたい大切なこと】

服装と併せて、ヘアメイクもお客様に良い印象を持ってもらうための大切な要素です。ヘアアレンジがいつも素敵だったり、メイクがとても上手だったりすると「ネイルのセンスもいいんだろうな」「こんなネイリストに施術してもらいたい」と思うものです。
そしてそれよりもさらに大切なのは『いつも笑顔でいる』こと。笑顔は自分を印象付ける上でとても大きな役割を持っています。笑顔が素敵な方は、多くの人に愛されるネイリストになるでしょう。

関連記事

  1. 検定の赤本「完全合格ガイド3級虎の巻」改訂版リリース!合格者…

  2. ネイリストのお仕事【働き方編】

  3. ネイルスクール講師の仕事

■ 資料のご請求、体験イベント予約はこちら