ネイリストの将来性は?

ネイリストの将来性は?

ネイリストを目指している方にとっては、気になるのがその将来性。ここではネイル業界の現状とネイリストの将来性について説明していきます。

ネイル業界の現状

ネイルの人気は年々高まる中でネイルサロンに行くことの敷居が低くなりつつあり、定期的にネイルサロンに通う人が増えています。多くの人に親しまれるようになってきた背景もあり、ネイルサロンの数も以前より増加しているのと同時に、ネイリストの需要も増えています。ネイル産業は今後も緩やかながら上昇傾向にあるといえるでしょう。

ただし、ネイルサロンの急増と同時に価格競争も激しくなり、施術料を下げることでお客様を確保しようとする店も出てきています。そのなかで勝ち残っていくためには、値段以上の付加価値が必要となってくるでしょう。ネイリストは、どうしたらもっとお客様に喜んでいただけるかを考え、それを形にすることが求められるようになります。

ネイル業界のこれから

前述のようにネイル業界は現状伸びていて今後も上昇傾向ですが、具体的にどのようになっていくのでしょうか。詳しく見ていきます。

【競争はさらにシビアに】

今後のネイル業界はどんどん淘汰され、本当に良いサロンや良いネイリストだけが生き残れる時代になっていきます。またお客様がネイリストを選ぶ基準も変わりつつあります。今まではより上位の検定や資格を持っていたりサロンワーク経験年数を売りにするネイリストも多く見られました。しかし今や資格や経験年数は当たり前で、さらにネイリストの人柄や生き方・個性などの付加価値が重視されつつあるのです。

ただネイル技術を提供するだけなら、機械の方が綺麗に仕上がる時代です。お客様はネイリストの技術だけでなくネイリストとの時間にもお金を払うようになり、それに見合うネイリストが生き残っていくことになるでしょう。

【SNSなどを上手く活用した『発信力』が問われるように】

「Instagram」「Twitter」など、写真を公開できるSNSをうまく活用することで、集客につながる事例が増えてきています。自分のサービスや商品の『魅力』を知ってもらい、興味をもってもらうためにはSNSでの発信がとても有効なのです。これまではお金を払って広告を打ったり地道にチラシを配ったりして宣伝活動を行っていましたが、インターネットやスマートフォンが個人にまで普及した現代では、お金を使わなくてもアイデア次第で広く自分たちのサービスを知ってもらうことができるようになりました。長くこの業界で成功していくためには、『魅力』をいかにアピールするかという「発信力」「宣伝戦略」が問われる時代になっていると言えるでしょう。

ネイリストの将来性

これまで見てきたようにネイル業界はまだまだ伸びつつあり、需要も拡大傾向にあります。ですが前述したように、ただネイル技術を提供するだけであれば機械の方が早く綺麗に仕上げてくれます。現に手を入れるだけで色を塗ったり絵を描いてくれる機械も登場していますし、今後さらに精度の高いものが開発される可能性もあるでしょう。

でも、だからこそネイリストが今後さらに求められるようになるのです。画一的なものではなく個性的でユニークなものにニーズがあるこの時代。機械ではなくネイリストの手から生み出される「個性」にこそお金を払う価値を見出している人が多いからです。また特別な時間や空間を味わいたくてネイルサロンを訪れているお客様が非常に多いため、それをサポートし演出する立場のネイリストは必要不可欠な存在で、大いに将来性があると言えます。

「お客様に喜んでいただきたい」という気持ちをもって常に技術を磨き、お客様のために行動できるネイリストが今後は求められます。そのために必要なのは、まずは「ネイルが好き」という気持ちから。いつもネイルを楽しめるネイリストを目指して、一歩を踏み出してみましょう。

関連記事

  1. 一般主婦から認定講師までのネイリストへの道のり vol.3

  2. ネイリストになるには

  3. 一般主婦から認定講師までのネイリストへの道のり vol.2

■ 資料のご請求、体験イベント予約はこちら