ネイルスクール講師の仕事

ネイルスクール講師の仕事

ネイルスクールを卒業。その後の進路は多岐に渡ります。
・ネイルサロンに就職
・ホームサロンを開業
・出張ネイリストとして活動
・ネイル関連のメーカーや美容系問屋に就職
・ネイルスクールに就職
など進む方向は人それぞれです。
中にはネイルサロンに就職し、たくさんのお客様の接客を経験後にネイルスクールの講師になる方も多くいます。ネイリストとしての将来の選択肢はたくさんありますが、今回は「ネイルスクール講師」の仕事に注目してみたいと思います。

ネイルスクール講師の1日

≪授業前≫
・教室の掃除
・教材の整理や準備
・今日担当する生徒さんのカルテをチェック
(どんな授業内容か、生徒さんの進み具合、個人個人の苦手箇所や前回授業でつまずいている所はないか、前回授業を担当した講師からの伝達事項など細かく確認をしていきます)

≪授業開始≫
・デモンストレーション
(その日に教える技術を実際に施術しながら工程を説明します)
・生徒さんの技術チェック
(ひとつひとつの工程を丁寧に確認して、出来ていない部分や修正箇所を教えていきます)

≪授業後≫
・カルテを記入
(今回できなかった部分や苦手そうな箇所、次に担当する講師への引継ぎ事項を記入します)
・教材の補充や在庫管理、発注業務
・授業で使うサンプル作り

このように講師はネイリストを目指す生徒さんにネイル技術、サロンワークでのカウンセリング術、検定対策などたくさんのスキルを教えます。
そして、スクールによってはこんなことも担当しています。
・入学生を増やすための営業や広報活動
・卒業する生徒さんへの就職先の紹介や今後の進路相談

通信制やスクーリング制があるネイルスクールでは、こんな仕事も?

・通信受講生の作品の添削
(送られてくる作品をチェックし、アドバイスや修正箇所を詳しく説明)
・スクーリングの講師
・受講生からの問合せのメールやTV電話(SKYPE)の返答

とてもやりがいのある仕事です

ネイルスクールによって様々なことを担当する講師の仕事は技術だけでなく通っている生徒さんのフォローアップも兼任する場合が多い為、とてもやりがいのある仕事なんです。
また、働き方は正社員勤務、フリーランスでネイルサロンと掛け持ちで働くのもアリ。正社員として安定して収入を得ることもできますし、フリーランスで複数のスクールやネイルサロンを掛け持ちして高収入を目指すこともできます。
なので、お客様にもずっと関わって接客もしたいし、ネイリストを育てる講師としての仕事もしたい。など自由度が高く自分で働き方を決めることができます。

結婚、出産などで家族との時間も大事にしたい!という方にも週1~2日から働けるスクールも多い為、おすすめの仕事ではないでしょうか?

関連記事

  1. タレントご用達!クラスタイル裏メニューかわいい☆デコ☆まとめ…

  2. 検定の赤本「完全合格ガイド3級虎の巻」改訂版リリース!合格者…

  3. ネイリストになるには

■ 資料のご請求、体験イベント予約はこちら