ネイルサロンでネイリストが色々質問してくる理由は?

ネイルサロンでネイリストが色々質問してくる理由は?

ネイルサロンに行くと、担当のネイリストから色々な質問をされた経験はないですか?「今日はお仕事帰りですか?」「パソコンをよく使いますか?」や家族構成など、プライベートのことを聞かれることがあると思います。「ネイルのことじゃないことを聞いてくるの?」と戸惑ってしまう方も多くいると思います。ネイリストはなぜそのようなことを聞いてくるのでしょうか?今回はその「理由」をお話ししたいと思います。

ネイリストにとって「質問」は大きな役割

ネイリストにとって「質問」は大きな役割をしています。もちろん1対1の接客なので、お客様を和ませたり、退屈させないように「会話のきっかけ」作りとして質問をしている場合もありますが、「ネイルの施術」をする上で大切な質問をしていることをご存知でしたでしょうか?

①生活スタイルに関する質問は?

初めてネイルサロンに行くとカルテを記入します。
そこには職業などを書く欄があると思います。これはなぜかというと、お客様の手指の使用頻度を知りたいからなのです。
例えば、「会社員」と書いてあれば、施術中に「パソコンをよく使いますか?」「紙をよく触りますか?」という質問をします。パソコンを使う人はキーボードをよく使っているので爪先がよく当たる為、ジェルなどが爪先から剥がれやすくなってしまう為、爪の長さやアートを爪先にあまり入れないようにしようなどどんな施術方法がベストなのかを考えます。

紙をよく触る場合は、爪周りの皮膚が乾燥しやすくなっているのでホームケアなどのアドバイスをすることもあります。そして、主婦と答えたり飲食店系の仕事の場合は、他の生活スタイルの方よりも水仕事の多さが違ってくる場合があります。
ジェルなどのイクステンションの大敵は「水分」。料理や皿洗いなどの頻度の高い人は、ジェルの持ちも悪くなってしまうので、ネイルの長さやカットスタイルについてアドバイスすることもあります。

②体調に関する質問は?

ネイリストは地爪の色や表面の状態で体調や生活習慣について質問することがあります。
同じサロンで同じネイリストが施術しているにも関わらず、急にジェルが剥がれやすくなってしまった、なんてことも多いと思います。女性はホルモンの影響を受けて年齢により体調の変化が出てきます。例えば、汗をかきやすくなった、サプリメントや薬の影響で爪質が変わってしまうこともあります。顔に使うスキンケア用品を手で塗ることによってジェルが剥がれやすくなってしまう場合もあります。

手指を酷使した場合はお客様自身も気づくことがあるかもしれませんが、関係ない所に原因があった場合にネイリストとの「会話」から原因を見つけていくことができるのです。信頼できるネイリストならばそんなときに親身になって原因を探ってくれるはずです。

このように施術中の何気ない質問からネイリストは色々な手指に関する情報を得ています。「質問ばかりでいやだな」と思われる方もいると思います。もちろん、プライベートで答えたくない質問もあると思いますので、そんなときは無理に答えなくていいと思います。ただ、「お客様のネイルをきれいに保つため!」に聞いていることがたくさんあるので、ぜひネイリストとの会話を楽しみながら、色々お話を聞かせてあげてください。

関連記事

  1. ジェルネイルを無理に剥がしても平気?

  2. 表面の凹凸が気になる

  3. ジェルの変色について

■ 資料のご請求、体験イベント予約はこちら