ウォーターケアとドライケア

ウォーターケアとドライケア

普段ネイルケアは行っていますか?ネイルケアは爪のお手入れのことを言いますが、ケアを行うことは
・余分な甘皮や角質がなくなるので爪が潤う
・爪や爪周りが健康な状態になる
・健康的なキレイな爪を育むことができる
などというようなことに繋がり、健康で美しい爪を保つことができます。
そして、そんなケア方法には“ウォーターケア”と“ドライケア”の2種類があります。ウォーターケアは名前の通り水を使って行うケアのこと、ドライケアは反対に水を使わず乾燥した状態で行うケアのことですが、ここでは違いについてもう少し詳しくご紹介します。

ウォーターケア

甘皮の部分を整えていく前に、指をお湯につけます。指周りの角質や甘皮が柔らかくなるので、軽い力で甘皮を押し上げやすく、爪や肌に優しいケアができます。ルースキューティクルが取り除きやすくなり、ドライケアに比べるても比較的しっかり取り除くことができるので、ケア不足によるジェルの浮きなどの対策にも繋がります。ただ、水分が残ってしまうと、逆にジェルが浮きやすくなってしまうので、しっかり水分を取る必要があります。また、グリーンネイルの原因にも繋がりますので、水分が残ることのないようにしましょう。

ちなみに、ウォーターケアはネイル検定の実技試験にも含まれているケア方法です。
ネイル検定に興味があるという方は、実際にやってみると良いでしょう。

ドライケア

甘皮を押し上げる際に、キューティクルリムーバーというネイル道具を使用して行います。お湯に指を入れないので、その分ネイルケアの時間短縮にもなります。サロンで施術を受けたことがある方は経験がある方もいらっしゃると思いますが、ジェルネイルのプレパレーション(下準備)として多く行われるケア方法です。ただ、角質が硬かったり、ジェルリムーバーが浸透しない場合は、強く押し上げてしまう恐れがあるので注意が必要です。

健康で美しい爪を維持するにはネイルケアは必要ですが、気をつけたいこともあります。それは、甘皮を摂りすぎたり、頻繁にケアをやり過ぎてしまうということです。というのも、甘皮には、ばい菌などが爪の隙間に入って炎症を起こさないように爪を保護する役割があります。ぜひ、やりすぎには気をつけながらネイルケアを行う習慣をつけてみてください。

関連記事

  1. 爪の黄金比

  2. 間違ったジェルネイルのオフは爪が傷むに原因に

  3. そもそも爪って?

■ 資料のご請求、体験イベント予約はこちら