自爪を強くする方法

自爪を強くする方法

爪が折れてしまったり割れてしまうと強くできるのかなと疑問に思ったことはありませんか。キレイに爪を伸ばしたくても爪が弱って伸ばせないと悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。ここでは健康的な爪にするためのポイント「ケア」と「食生活」についてご紹介します。

ケアについて

乾燥を防ぐ
爪も肌と同じように乾燥します。乾燥すると爪が割れやすくなったり、2枚爪の原因に繋がります。特に冬は乾燥しやすいので、しっかり保湿をするようにこころがけましょう。ハンドクリームに加え、キューティクルオイルを使用するのもおすすめですよ。合わせてマッサージをすると血流もよくなり、健康な爪を育てるのに欠かせない大事な栄養もしっかり運ぶことができます。

補強対策をする
爪を健康な状態にしていくことを目的としたネイルハードナーというものがあります。マニキュア感覚で塗れるので、手軽に使用することができます。ネイルハードナーは爪に栄養分を与えますので、効果を実感するためには継続することが大事です。3日1回の頻度で上から塗り重ねると良いでしょう。部分的に剥げてしまった場合は、剥げた部分だけを塗り重ねると良いですよ。メーカーによって成分は異なりますが、ネイルハードナーには油分が含まれているので、乾燥から爪を守ることにも繋がります。

爪切りを使わない
爪切りを使うとどうしても力が加わってしまうため爪に負担がかかってしまい、カットした部分からひび割れや二枚爪にも繋がります。爪をカットする際は負担がかかりにくい先端が湾曲している爪切り用のハサミ(ネイルニッパーやネイルシザー)や爪やすり(エメリボード)を使用することがおすすめです。

食生活について

食事
実はきちんとした食生活は健康な爪を育てやすくします。偏った食生活などによる栄養不足は健康な爪の成長には悪影響となります。爪は主にケラチンというタンパク質でできているので、肉や魚、卵、大豆といったタンパク質を含む製品を意識して摂ると良いでしょう。その他、ビタミンやミネラルも意識して摂ると良いですね。ビタミンは抗酸化作用や新陳代謝、細胞の活性化など健康な爪を作ることに繋がります。

ネイルケアはスキンケアでも大事とされる乾燥や食事は同じように大切です。爪が弱ったと感じる際は爪もしっかり労わってあげましょう。爪は指先を保護し、私たちにとってすごく重要な役割を持っています。物をつかむことができるのも爪があるおかげなのですよ。合わせて覚えておいてくださいね。

関連記事

  1. 子どものネイルについて

  2. ジェルの色はたくさん揃えた方がいいの?

  3. 表面の凹凸が気になる

■ 資料のご請求、体験イベント予約はこちら