ジェルネイルアレルギーについて

ジェルネイルアレルギーについて

“ジェルネイルでアレルギーが出た”
こんなことを聞いたことはありますか?ジェルネイルでアレルギーなんて驚かれる方も中にはいらっしゃるかもしれませんが、ジェルネイルでもアレルギー症状が出ることがあり、これは指先にアレルギー物質が触れることで起こるものです。

症状は…

・かゆみ
・水泡ができる
・痛み
・爪周りの皮膚がかぶれる
・爪周りの皮がむける

何に反応して症状が出るかは人それぞれ異なりますが、アレルギーになる原因は、ジェルの成分を始めエタノールやアセトンなどのジェルオフ剤、UVライト、未硬化ジェルなどが挙げられます。

ジェルの成分で言えば、ジェルに含まれる「HEMA」「アクリル酸」「ベンゾフェノン」という3つの物質が原因とされています。そして中でも「HEMA」という化学物質は多くのジェルに含まれています。

対策

アレルギー症状は突然出るということもあるので、日頃から施術をする際は気をつけてほしいのですが、その対策はいくつかあります。

・ジェルは爪からはみださないようにする
・ジェルがはみ出してしまった場合は、しっかり取り除く
・ネイル器具は清潔な状態を保つ
・施術の際はマスクを着用する
・施術後は手を洗い、保湿を行う

もし、アレルギー体質であるなどどうしてもアレルギーに対して不安や心配があるという場合は、アレルギー対応ジェルを使うこともおすすめです。このジェルには原因となる「HEMA」「アクリル酸」の成分が使用されていないものがほとんどです。もちろん絶対にアレルギーが出ないと保証されているものではありませんが、通常のジェルよりも安心して使うことができるかもしれません。

関連記事

  1. バブルが入ってしまう

  2. 手が震えるのは緊張や不安だけとは限らない

  3. ジェルネイルのデザインを決めるポイント

■ 資料のご請求、体験イベント予約はこちら