持っておきたい消毒用エタノール!

持っておきたい消毒用エタノール!

ネイルで使用する用具は皮膚に接するものなので清潔な状態にしておきたいものです。そこで欠かせないのがエタノールです。エタノールには微生物にたんぱく変性を起こして死滅させる作用があり、殺菌作用に優れています。ネイル問屋ではもちろん購入することができますが、ドラッグストアなどでも購入することができます。ただ市販のものを使う場合は2種類のエタノールが販売されていることが多いです。

アルコール濃度の違い

・無水エタノール:エタノール99.5vol%以上
・消毒用エタノール:エタノール76.9~81.4vol%

アルコール濃度の違いによるものですが、この内ネイルに使用するのは消毒用エタノールです。一見アルコール濃度が高い無水エタノールの方が良いように感じますが、揮発性が高い分消毒を十分に行うことができないので消毒効果はそれほど高くありません。それに比べて消毒用エタノールは最も消毒効果が高い濃度に調整されています。

消毒用エタノールは広範囲の微生物に効果があり、手指の消毒や器具の消毒にも適しています。ネイルの道具は金属器具も多く、ネイルケアをする際に使用するキューティクルニッパーやメタルプッシャーにも使いますが、消毒方法としてはエタノールに10分以上浸す、もしくはコットンやガーゼに含ませて表面を拭き取るという2つの方法があります。表面を拭き取る場合は、使う分をポンプディスペンサーやスプレーボトルに詰め替えるなどしても使いやすくておすすめです。

また消毒用エタノールは器具の消毒以外にもネイルのトラブルのひとつになる緑膿菌や白癬菌・カンジダ菌にも効果があり、グリーンネイルになってしまった場合の消毒にも活躍します。

お手入れにも使える

そして更には消毒だけでなく、お手入れにも使える優れものです。具体的な例を挙げれば、ジェルブラシのグリップ部分やコンテナタイプのジェルの容器の口や蓋、またブラシの穂先の汚れがひどい場合のお手入れ、そして手についてしまったジェルの拭き取りというような幅広い場面で使えて便利です。

消毒用エタノールは火気厳禁で保存時密栓となっているので、取り扱いには十分気をつける必要がありますが、セルフネイルをする上でも揃えておきたいものです。ぜひ衛生面にも配慮しながらジェルネイルを楽しみましょう。

関連記事

  1. ジェルに使用期限ってあるの?

  2. 爪の紫外線ケア

  3. 冬のフットケア

■ 資料のご請求、体験イベント予約はこちら