ラインストーンを選ぶ際のポイント

ラインストーンを選ぶ際のポイント

ラインストーンについて

ラインストーンを買ったけど、爪に乗せると「思っていたより大きかった」というようなことはありませんか?ラインストーンが欲しいと言っても、サイズやカラー、質感など種類は豊富です。ここでは、ラインストーンについて少しご紹介します。

サイズは「SS3〜SS7」程度のものをまずは揃えておくと便利

ネイルストーンのサイズ表記で「ss」と表記されているのを見たことがあると思いますが、これはストーンの大きさを表したものです。数字が小さいほどサイズも小さく、大きいほどサイズも大きくなります。

これらのサイズは上品な仕上がりにしたい場合や普段のデザインにも使いやすいです。華やかな仕上がりにしたい場合は、もう少し大きめのものを揃えておいても良いかもしれませんが、異なるサイズのものを組み合わせることで少し存在感のある仕上がりにすることができます。

ストーンのサイズだけで見れば、小さ過ぎないか不安になることもあるかもしれませんが、爪自体が小さいので、サイズが大き過ぎるとアンバランスに見えてしまうこともあるので気をつけましょう。ちなみにカラーは「クリスタル」「オーロラ」「ホワイトオパール」を揃えておくと、比較的どんなジェルカラーにも合いますよ。

ラインストーンには大きく2種類に分けられる

また、ラインストーンには大きく2種類、「アクリルストーン」と「ガラスストーン」に分けられます。

◎価格を重視するなら「アクリルストーン」
透明度の高いプラスチックで作られたラインストーンで、手頃な価格で手に入れやすいです。練習に使いたいという場合やネイル初心者の方におすすめです。傷つきやすいなどデメリットもありますが、カラーバリエーションやサイズなど種類も豊富なので、幅広く使えます。セルフ用にカラーやサイズを一度にたくさん揃えたいという場合にも良いかもしれません。

◎輝きを重視するなら「ガラスストーン」
仕上がりや華やかさ、高級感のある仕上がりにしたい方におすすめです。アクリルストーンに比べると多少価格が上がるかもしれませんが、アクリルストーンに比べるとより輝きや耐久性があります。

ぜひ選ぶ際のひとつの基準にして様々なパーツを揃えてみてください。また、仕上がりのイメージに合わせて使い方を工夫してみても良いですね。

関連記事

  1. オフィスネイルプロジェクトが始まります!

  2. 意外に知らない「正しいジェルオフ」の仕方

  3. 子どもの爪について

■ 資料のご請求、体験イベント予約はこちら