開業前に取得したい資格・技術

開業前に取得したい資格・技術

ネイルサロンの開業を考え始めたらどのようなことをするべきか知っておきましょう

ネイルサロンの開業を考え始めたら、開業にあたってまずどのようなことをするべきか知っておきましょう。ここでは開業する前に取得しておきたい資格や技術を確認していきます。

ネイルサロン開業に資格は必要?

ネイルサロンを開業するために法的に必ず取っておかなければいけない資格はありません。なぜなら、ネイリストの資格は現在国家資格ではないからです。ただ、ネイリストは技術職なので、お金をいただけるレベルの技術やそれなりの経験が求められる仕事です。ネイルの技術や基礎知識がないと、お客様に怪我をさせてしまったり、爪に病気に気が付かないまま施術をして悪化させてしまうなどのトラブルが起こってしまいます。お客様に満足していただくために、きちんとした技術と知識を身に着けておくことは、開業にあたって必須といえます。

ネイルサロン開業に役立つ資格

自分のサロンを持つということは、自分の技術を看板に掲げるということ。自分を気に入ってもらい繰り返し来店していただくためには、高いレベルの技術や知識が必要です。その証明としてネイルの資格を取得していると自分もお客様も安心ですし、難易度の高い資格ほど信頼感があります。

取得しておくべき最低限の資格
  • JNECネイリスト技能検定2級以上
  • JNAジェルネイル技能検定試験中級以上

どちらもネイルの知識・技術がプロのレベルに達していることを証明する資格です。
ネイリストとして働くために最低限取得しておくべきものなので、開業をしたい場合でも同様に取得しておいた方が良いでしょう。

取得しておくと有利な資格
  • JNECネイリスト技能検定1級
  • JNAジェルネイル技能検定試験上級
  • ネイルサロン衛生管理士
  • JNA認定講師資格
  • JNAフットケア理論検定試験

ネイリスト検定1級、ジェルネイル検定上級を取得しておくと、より高い技術を持っていることの証明になります。

JNAが行っているネイルサロン衛生管理士資格は、ネイルサービスの普及と公衆衛生の向上を目的とした資格です。
爪のトラブルなどが起きないために危機管理として併せて取得しておくと安心です。

JNA認定講師資格は、ネイリストの資格の中で最も難易度の高い資格です。
受験するためには、ネイリスト検定1級とジェルネイル検定上級を合格、さらにプロネイリストとして実務経験を必要とします。
その他にもいくつかある条件を満たして初めて受験することが出来、合格するためにも高い技術を身に着けておかなければならないため、ネイルの最高峰資格といえるでしょう。開業前に取得することが出来れば、間違いなく周りのネイルサロンとの差別化を図れるはずです。

JNAフットケア理論検定試験は新たに新設された、正しいフットケアを行うために必要とされる理論の修得を問う検定試験です。新しい資格として取得しておくと安心材料になります。

資格以外にサロンオーナーとして必要なこと

どんなに小さなサロンでも、開業すれば立ち上げた人は「サロンオーナー」になります。
きちんと利益を出していくためには、ネイルの技術はもちろん、経営学も勉強して経営のための知識を習得するよう開業前から準備をしていきましょう。セミナーなどに積極的に参加してみるのもおすすめです。

ネイルサロン開業のために法的に必要な資格はありませんが、サロンオーナーとしてひとつでも多く自分の技術や知識を証明できるものを持っておくべきでしょう。それはお客様だけでなく自分自身の安心材料にもなるので、開業前にできるだけ上位の資格を取得しておくことをおすすめします。

関連記事

  1. お客様との話し方は大丈夫?

  2. グループスクール|Beauty Biz UP ( ビューティ…

  3. 開業・独立のメリットとデメリット

■ 資料のご請求、体験イベント予約はこちら