そもそも爪って?

そもそも爪って?

爪は私たちにとって凄く大事な絶対なくてはならないものだというのはご存知ですか?

「そんなことわかっているよ」という方も多いかもしれませんが、爪は指先を保護しており、爪がないとモノを掴むこともできなければ、歩いたりすることもできません。そんな「爪」について今回は簡単にまとめてみましたのでご紹介します。

まずは爪についてですが…
  • 爪は爪の根元(爪母)で作られ、角質化したもの
  • 爪は3層でできており、この薄い層の間に最低限の水分と脂肪(0.15~0.75%)を含んでいる
  • 爪の水分は、季節や年齢などによっても異なりますが、健康な成人の場合で12~16%
  • 爪は年齢を重ねるにつれて、厚みが増し、爪が伸びるスピードが遅くなる傾向がある
  • 健康な成人の場合、爪が伸びるスピードは1日約0.1mm
健康的な爪は…
  • 淡いピンク色でツヤがあり、爪表面も凹凸のない滑らかな状態
  • 強度にも関わる爪の厚みとアーチが適度にある状態の爪
  • 爪と根元がしっかり密着し固定されている状態で、爪のサイドや先端の皮膚も良い状態
水分バランスが崩れてしまうと…

爪が乾燥してしまいます。
乾燥は、爪が割れる、2枚爪になるなど様々な爪トラブルに繋がります。
表面のツヤや弾力もなくなり、更には強度も下がってしまいます。

細菌が入ってしまうと…

グリーンネイルというような爪トラブルに繋がってしまいます。

食生活が乱れると…

爪が割れやすく、もろくなってしまいます。
爪はケラチンというたんぱく質でできているので、不足すると爪は割れやすくなってしまいます。

たかが爪と思ってしまうかもしれませんが、顔の肌トラブルにいくつも原因があるのと同じように爪にもトラブルに繋がることはいくつもあります。ただ、爪の場合はトラブルが起こると、生え変わるまでにかなりの時間がかかります。日頃のケアや食生活など、外側内側の両方からアプローチしてキレイな爪を維持することを心がけましょう。

関連記事

  1. 冬のフットケア

  2. 休日ネイルをもっと手軽に!ピールオフネイルとは?

  3. 見直し!ポリッシュとジェルのお手入れ

■ 資料のご請求、体験イベント予約はこちら