ジェルネイルを無理に剥がしても平気?

ジェルネイルを無理に剥がしても平気?

ジェルネイルをしたことがある人は〝ジェルが根元や先端から少しずつ剥がれていきパカパカしてしまった”という経験を1度はしたことがないでしょうか?ジェルが剥がれてきているのに、サロンの予約が取れない、次の予約までまだ日にちがあるからペロっと剥がしちゃおう!という方もいますよね?
1本剥がれてしまうと他の残りの指も気になってきてしまい、無意識に剥がしてしまったという方も…。
気持ちはわかります!しかし、爪にはとっても良くないことなのです。

地爪は3層からできている

肉眼で見てもわかりませんが、爪は角質片がいくつかの層に積み重なってできています。層が網目状にできていて表面と最下層にある層は縦に連なり、真ん中は横方向に連なっているので柔軟性はありますが、割れにくい爪が作られています。

ですので、ジェルを剥がしてしまうと、上の層からジェルと一緒に剥がれ落ちてしまい爪が薄くなり割れやすくなってしまいます。

また、表面が傷みガサガサしてしまうとジェルをのせても持ちが悪くなってしまうという悪循環に陥ります。

浮いてしまった時の応急処置

本来はすぐに付け替えができるのがベストですが、すぐに直せない方は下記の応急処置方法で保護しておくようにしましょう。

【!注意!】
浮いたところに接着剤を流して爪とジェルを接着する方がいますが、水分が入ったまま固めてしまったりすると菌が増殖しグリーンネイルの原因になる場合もありますので、絶対にやめましょう!

①浮いている部分をカットする
爪切りなどで浮いている部分を少しずつカットしていきます。
この時に無理に浮いた部分を取ろうとすると、さらにほかの部分が浮いてしまう場合があるので、引っかかって気になる部分のみをカットするようにしましょう。

②トップコートを塗る
市販のマニキュアのトップコートを爪全体に塗ります。特にカットした部分の段差を少し埋めるように塗ります。

剥がしてしまった爪の処置方法

無理に剥がそうとしなくても自然に取れてしまう、なんてこともあると思います。
万が一、ジェルがすべて剥がれてしまった場合はマニキュアのトップコートを塗り爪を保護しておきましょう。

表面を削ったりしてしまうと削りすぎて爪が薄くなってしまう場合もありますので、
ざらつきがなくなるようにトップコートを塗ります。

爪が薄く割れやすい方は、爪を強化してくれる強化剤が入ったベースコートを塗ると割れにくくなるのでおすすめです。

ジェルネイルはおしゃれをするためだけでなく、爪を補強してくれる優れたものですが、無理に剥がしてしまったりすると逆に爪への負担が大きくなってしまうので、取り扱いには注意してジェルネイルを楽しみましょう。

関連記事

  1. UVライトで日焼けはするの?

  2. 冬の大敵「乾燥」

  3. グリーンネイルって何?

■ 資料のご請求、体験イベント予約はこちら