メンズネイルケア

メンズネイルケア

身だしなみの一環としてネイルケアを行う人が増え、今では男性もネイルサロンを利用するようになりました。男性向けのネイルケアのサービスの多くは…爪の長さや形を整えてキューティクルやささくれを処理し、爪を磨いてオイルで仕上げるというもの。女性と男性とでケア方法に大きな違いはありませんが、爪には多少の違いがあるので、実際にケアをする際は参考にしてみてください。

男性の爪は女性に比べて例えば…

・厚みがある
男性の爪は女性に比べて厚みがあります。そのため丈夫な印象がありますが、ファイリングをする際、時間がかかってしまう場合もあります。その場合は、グリット数が少し粗いファイルを使うのもひとつです。

・角質が硬い
男性は角質が硬く溜まりやすいです。キューティクルケアをする際は、ウォーターケアで角質を柔らかくしてから行うと爪周りがすっきりして良いです。

・伸びるスピードが速い
男性は女性に比べて、筋肉量が多く新陳代謝も良いため、爪が伸びるスピードも速くなります。そのため、早いサイクルでのケアが必要になるかもしれません。

男性の爪を整える際は、指よりも爪を短くすることもあります。皮膚を削らないように角度に注意して整えるようにしましょう。

また、爪表面を整える際、表面を磨いて凹凸を滑らかにし、ツヤを出して仕上げることもよくあります。ただ、磨きすぎてピカピカになり過ぎると、かえってマイナスイメージになってしまう場合もありますので、適度な光沢を意識して仕上げるようにしましょう。表面の削り過ぎは爪を薄くしてしまう原因にも繋がりますので、合わせて注意するようにしてください。

男性の場合、営業職や販売職など仕事柄手元を見られる機会がよくあるということでサロンを利用する方も多いですが、男性女性どちらに関わらず、ネイルケアは清潔感を保つひとつになります。ぜひ、やってみてくださいね。

関連記事

  1. ネイルで解消!爪のコンプレックスは工夫次第で変えられる

  2. ジェルの変色について

  3. 爪と爪先の肉が離れる「爪甲剥離症」とは?

■ 資料のご請求、体験イベント予約はこちら