ジェルネイルのデザインを決めるポイント

ジェルネイルのデザインを決めるポイント

ジェルネイルのデザインにはシンプルなものから派手なものまで幅広く楽しむことができ、デザインやカラーのパターンを変えると数え切れないほどのパターンがあります。実際、デザインをSNSなどで調べてみると、グラデーション、フレンチ、チェック、マーブルやタイダイ、ストライプ、フラワー、べっ甲、キャラクター風、痛ネイル…言い出したら切りがありません。
でもこんなにたくさんあるなら、いざネイルを施すとなるとどんなデザインにしようか迷ってしまうこともあります。デザインを決めるときは何を参考にして決めればと良いのでしょうか。

参考にするもの

モチーフ

組み合わせや色は決めていないけど、このモチーフは取り入れたいという場合、そのモチーフを取り入れたネイルでもたくさんあります。

季節

季節に合わせてファッションを変えるようにネイルも季節に合わせてデザインを施すことができます。冬なら『チェック』や『ニット』などその季節らしいデザインもあります。

イベント

1年の中には様々なイベントがあります。夏祭りにハロウィン、クリスマスやバレンタインなど…またテーマパークに行く際も思いっきり楽しみたいという方もいらっしゃるかと思います。そんなたくさんあるイベントの雰囲気に合わせたデザインでも楽しむこともできます。

TPO

冠婚葬祭やオフィス、子どもの入学式などでも各々のシーンに合わせたデザインで指先までキレイを楽しむこともできます。

ネット/雑誌

SNSがたくさんの場面で活用される中で、ネイルサロンがお客様に施した画像をアップしていたり、セルフでネイルをしている方が画像をアップしている方がたくさんいらっしゃいます。また、ネイル雑誌も販売されており、様々なデザインが載っています。ネットや雑誌を参考にアレンジして施すのも良いですよ。

ネイルにも流行りがあります

ネイルのデザインはたくさんありますが、その中にもファッションやメイクに流行りがあるようにネイルにも同じように流行りがあります。
流行りだけで言えば、NPO法人日本ネイリスト協会では、2018AWトレンドのカラーとして『モーヴ』(薄く灰色がかかった青紫色)を発表しています。トレンドカラーだと初心者でも取り入れやすいのでトレンドを取り入れたネイルも良いですね。ネイル雑誌ではチェック柄やアニマル柄なんかがキーワードとして取り上げられています。

デザインを膨らませて

自分がやるなら、やってもらうなら…とデザインを膨らませてみてください。もちろん今後ネイルを勉強して、こういうデザインができるようになったらと膨らませてみるのも良いですね。まずはどんなデザインがあるかチェックして参考にしてみましょう!

関連記事

  1. オフィスネイルプロジェクトが始まります!

  2. 【ネイルケア】小さい爪を甘皮処理で長く美しく見せる方法

  3. ジェルの色はたくさん揃えた方がいいの?

■ 資料のご請求、体験イベント予約はこちら