キューティクルオイルって何?

キューティクルオイルって何?

キューティクルオイルは必需品

「保湿をする」というとよく耳にするのが“ハンドクリーム”や“キューティクルオイル”という言葉。ネイルを始めると必需品になってくるキューティクルオイルについて、ここではご紹介します。

爪トラブルを防ぐ

キューティクルオイルを塗ることで乾燥が原因によるトラブルから守ってくれます。爪が乾燥してしまうと爪が乗っている土台から爪にかけて水分と油分のバランスが乱れてしまうので、爪を割れやすくしたり、二枚爪のトラブルにも繋がってしまいます。

ネイルの持ちを良くする

ネイルの持ちが悪い原因はいくつかありますが、乾燥も原因のひとつです。キューティクルオイルを塗ってあげることでネイルの持ちを良くします。

健康な爪を育む

キューティクルオイルを爪の生え際に塗ってあげることは美容液を浸透させているようなものです。入念にケアすることで健康な爪を生えるのをサポートしてくれます。

塗る際のポイント

また、塗る際はいくつかポイントがあります。
①爪の裏側にも塗る
キューティクルオイルは爪の根元だけに塗りがちですが、爪の裏側にも塗るようにすると良いでしょう。ハイポニキウムを育てることもでき、ネイルベッドを伸ばすポイントにもなります。

②浸透させてから保護する
キューティクルオイルはハンドクリームに比べて浸透力に優れています。ハンドクリームも使っているという場合は、まずキューティクルオイルを塗り、その後ハンドクリームを塗ると良いです。

③こまめに塗る
キューティクルオイルは1日1回など塗る回数に決まりはありません。乾燥が気になる際などこまめに塗ってあげると良いでしょう。

最後に

キューティクルオイルは継続的に使用することが好ましいです。マニキュアタイプやスポイトタイプ、ペンタイプなど形状も種類があるので、継続して使えそうなものを選ぶと良いかもしれません。ネイルの問屋だけでなく、ドラッグストアなどいろんなお店でも取り扱っているので使ったことがないという方は一度試してみてください。

関連記事

  1. 自分に似合う色ってあるの?

  2. 過度なダイエットは爪にも影響が…

  3. 意外に知らない「正しいジェルオフ」の仕方

■ 資料のご請求、体験イベント予約はこちら