セルフネイルを楽しむ方必見 ワンカラーを極めよう!

セルフネイルを楽しむ方必見 ワンカラーを極めよう!

セルフネイルを楽しむうえで欠かせないワンカラーのネイル。ただ塗るだけなので簡単そうに見えて、実はムラやハケ跡など細かい部分が目立ってしまうので難しいデザインのひとつです。ここではそんなワンカラーネイルを極めるためのポイントをまとめました。ぜひ参考にしてみてくださいね。

ポイントその1:爪の下処理を丁寧に

まずはしっかり丁寧に行いたいのが爪の下処理です。
爪の長さを整えるのに爪切りだけで仕上げていませんか?爪切りで切った跡は尖っていたりしてきれいに整っていない状態です。そのままネイルを塗ってしまうとムラになったり先端から剝がれやすくなってしまいます。ファイル(爪やすり)を使って形を整えて、最後にバリ(削った爪のカス)や爪の粉をきれいに払っておきましょう。

また、甘皮処理もネイルをきれいに仕上げるために大切なポイントです。
甘皮をそのままにしたままネイルを塗ると、表面がボコボコしたり、爪の生え際から剝がれやすくなってしまうので、きちんと処理してから塗布しましょう。甘皮をぬるま湯でふやかすか、キューティクルリムーバーで柔らかくしてから、プッシャーやコットンを巻いたウッドスティックで優しく押し上げます。濡らしたガーゼを指に巻き付けて押し上げた部分をくるくると優しくふき取るようにすると、ポロポロと甘皮が落ちてきます。爪の生え際は爪が作られる部分なのでとてもデリケートです。甘皮処理は強い力をかけずに優しく行うようにしてください。

ポイントその2:ベースコートとトップコートは必ず塗る

セルフネイルの時にすぐにカラーを塗ってしまっている方、最後のトップコートを塗らずに仕上げている方、いませんか?ベースコートとトップコートの役割をきちんと理解した上で使うと、仕上がりがぐんと良くなります。

【ベースコートの役割】
・爪にカラーネイルの色素が沈着しないように保護する
・爪の表面の凸凹をなだらかに整えてカラーを塗りやすくする土台になる
・カラーの発色を良くする
【トップコートの役割】
・ネイルの表面を保護して剝がれにくくする
・表面にツヤを出して発色を良く見せる(マットコートなどで質感を変えることもできる)

このようにベースコートやトップコートはカラーを塗りやすくしたり、発色を良くして仕上がりをきれいに見せることが出来るので必ず塗るようにしましょう。

ポイントその3:カラーをハケに取る量に注意

カラーは2度塗りが基本になります。
1度目は爪の形に添うラインを出来るだけきれいに取ること、2度目はムラやハケの跡が付かないように塗ることを心掛けましょう。そのためにはカラーをハケに取る量がとても重要になります。ハケをボトルから出したら、必ずボトルの淵でハケをしごいてカラーの量を調整します。ハケの片面はしっかり淵でしごいてカラーが付いていない状態にし、反対の面の半分くらいまでカラーを乗せて塗ってみてください。爪の長さや幅によって必要な液の量が変わってくるので、自分の爪にはどのくらいのカラーを取ればいいのかを少しずつ掴んでいきましょう。
1度目はあまり厚塗りにならないように、2度目は1度目よりも気持ち多めに取るとムラなくきれいに塗ることができます。

ポイントその4:マニキュアはしっかり乾かす

ジェルではなくマニキュアでセルフネイルを楽しむ場合はしっかりと乾かしましょう。
せっかくきれいに塗れても、乾いていない状態で重ねてしまったら台無しです。マニキュアが乾くまでに通常30分程度、速乾性のものでも10分くらいはかかるので、時間が経たないうちは表面に触れないように気をつけてくださいね。

今回はセルフネイルでワンカラーを極めるためのポイントをまとめてみました。ワンカラーがきれいにできるようになると、アレンジデザインの完成度もさらに高くなりますよ!どれもすぐに取り入れられることばかりなのでぜひ参考にしてみてください。

関連記事

  1. ファイリングがうまくできない

  2. メンズネイルケア

  3. 子どものオシャレを一緒に楽しもう!

■ 資料のご請求、体験イベント予約はこちら