ポリッシュをキレイに塗るコツ

ポリッシュをキレイに塗るコツ

仕事柄ジェルネイルはできない…でも休みの日はネイルを楽しみたいという方!そんな方にはポリッシュがおすすめです。ジェルネイルに比べれば持ちがいいとは言えませんが、ポリッシュは除光液で簡単にオフすることができるので、休みの日だけ楽しむ、その日のファッションに合わせてネイルを変えるなど、ポリッシュだからこそできる楽しみ方もあります。ここではポリッシュをキレイに塗るコツを教えちゃいます。ポリッシュは塗っているうちに表面が乾いていきますので、初心者の方は色ムラができてしまったり、はみ出してしまうなんてこともあると思いますが、ポイントを抑えて塗ってみましょう!

片面のみにポリッシュを取る

ハケをポリッシュのボトルでしごき、片面のみにポリッシュを取ります。この時、ハケの形が扇形になるようにしごくと、ポリッシュが塗りやすくなります。また、ポリッシュは適量を取ることもキレイに塗るコツですので、量にも気をつけてみましょう。特に爪の先端(エッジ)を塗る際はごく少量を取って塗ると良いです。量が多いと、はみ出したり爪表面を塗る際に先端にポリッシュが溜まってしまうことにもつながります。

ハケ圧に気をつける

ハケ圧が強くなると、その部分だけ色が薄くなり色ムラの原因につながります。ポリッシュを爪表面とハケの間のクッションにして、ポリッシュを爪先端まで運びましょう。ハケの角度は45度を意識すると良いですね。

素早くなじませる

ポリッシュをどんどん塗っていくと、どうしてもその前に塗ったところと重なる部分ができてしまいます。その重なった部分は素早く馴染まさないと、色ムラの原因になってしまいます。最初ははみ出さないようにと丁寧にゆっくり塗ってしまいがちですが、テンポよく塗っていくことも大事です。

利き手側から塗る

またポリッシュを友人らに塗ってあげる際は利き手側から塗ることがおすすめです。利き手と反対の手から塗ってしまうと、せっかく塗ったのに表面を傷つけてしまうなんてことにも繋がりかねません。

ポリッシュはメーカーによってハケの形や大きさなどが異なっていますので、自分に合ったポリッシュを探してみるのも良いでしょう。ネイル検定でもポリッシュは実技試験の中に含まれる技術ですので、検定に興味がある方は扱いに慣れてきたら、いろんなメーカーのポリッシュを試してみるのも面白いですよ。

関連記事

  1. 過度なダイエットは爪にも影響が…

  2. 爪と爪先の肉が離れる「爪甲剥離症」とは?

  3. 爪の亀裂について

■ 資料のご請求、体験イベント予約はこちら