化粧品登録ってなに?

化粧品登録ってなに?

メーカーのホームページなどで“化粧品登録済み”というようなフレーズを見たことはありませんか?「化粧品として登録されているんでしょ」と言われればその通りなのですが、ここではもう少し細かく紹介します。

化粧品登録されているということ

化粧品登録されているというのは、厚生労働省が使用を認めている成分しか入っていないため安心して使うことができるということで、商品もしっかり管理されています。

化粧品登録済みのジェルは化粧品として販売されることになりますが、販売するには「化粧品製造販売業許可」として認可を受ける必要があります。製造方法や配合成分、品質、保管方法といった様々な基準を満たさなくてはなりません。

ラベルのさまざまな内容

ラベルにはいろんな内容が細かく表記されていますが、実は表記することが義務付けられているものがいくつもあります。

・成分
・製造販売業者の氏名や名称
・製造販売業者
・化粧品の名称
・化粧品の製造記号や番号

使っていい成分を使用することは当然ですが、使用した成分はすべて表記することが義務付けられています。化粧品は人体に使うことが前提なので、使用していい原料は厳しく決まっていて、悪い影響のある危険な成分は配合が禁止されています。そして、製造販売元は万が一何かトラブルがあった場合に問い合わせることができるようになっています。入庫時期やロット検査もしっかり行われているので、一定の品質を常に保つことができるのです。

化粧品登録済みのジェルを購入したい場合は、表記が必要な内容すべてが明記されているか確認してみるといいですが、化粧品登録されていないものにはつけ爪やチップに使用するためのものとし自爪に塗布できないことが明記されているので合わせて確認してみると良いでしょう。

ちなみにジェルネイル検定を受けたことや受ける予定がある方はご存知かもしれませんが、検定では使ってもいいジェルが指定されています。この指定されたジェルはちゃんと化粧品登録がされているものです。覚えておいても良いですね。

関連記事

  1. 見直し!ポリッシュとジェルのお手入れ

  2. ネイリストの使用している道具をご紹介!

  3. ジェルネイルアレルギーについて

■ 資料のご請求、体験イベント予約はこちら