UVライトで日焼けはするの?

UVライトで日焼けはするの?

UVライトで日焼けはしないのか?日焼けというと女性にとっては大敵かと思います。実際、UVライトで日焼けをするかしないかで言えば、全くしないわけではないので日焼けはすると言っていいかもしれません。

そもそも紫外線(UV)とは

そもそも紫外線(UV)とは何なのでしょうか。紫外線は太陽光の一部で、基本的にA波・B波・C波と波長の長さによって分けられています。

・UV-A:315~400nm
・UV-B:280~315nm
・UV-C:280nm以下

この内UV-Cは一番波長が短く、オゾン層に守られているため地表に到達することはありません。気をつけたい紫外線はUV-AとUV-Bとなり、エネルギーの大きさで言えば、UV-BはUV-Aに比べて強くなります。そんなことを聞くと、UVライトの紫外線はどっちなんだろうと怖くなりそうですが、ジェルネイルで使用されるUVライトはUV-Aとなり、UV-Bのエネルギーと比べると小さなものになります。ちなみに日常においても紫外線の90%はUV-Aを占めています。

UVライトでも日焼けに繋がるなら…と使用することに抵抗が出てしまうかもしれませんが、ライトに入れている時間は長時間ではありません。そのため日焼けが全くないというわけではないものの可能性は低いです。どうしても心配という場合は、日焼け止め対策をすると良いですよ。

対策

①指先のみが出る手袋をはめる
②硬化時に日焼け止めを塗る
③使用するライトをLEDライトにする

ただ、ひとつ気にしたいのがLEDライトです。厳密にいうと、LEDライトでも波長の幅がメーカーや種類によって異なります。もし日焼け対策として使用する場合は400nm以上のLEDライトを購入するようにしましょう。

日焼けをしたという感覚はどうしても個人差がありますが、紫外線の量は少ないので大きな心配はしなくて良いでしょう。ですが、心配される方はゼロではないので知識として覚えておくと良いですね。

関連記事

  1. 爪のカットスタイルを知ろう

  2. 過度なダイエットは爪にも影響が…

  3. ジェルブラシの選び方

■ 資料のご請求、体験イベント予約はこちら