ジェルブラシのお手入れ

ジェルブラシのお手入れ

ジェルを使用した後のお手入れ。皆さんどうしていますか?

使用後のお手入れは…

まず、キッチンペーパーで優しく拭き取る。
次に、穂先を整える。

基本はこれだけです。落ちにくい場合は、筆をクリアジェルで馴染ませると良いです。アルミホイルなどの上にクリアジェルを取り、筆先を左右に動かすと筆の中の汚れが浮き出てきますよ。

更にどうしても汚れがひどいという場合、そんな時は溶剤を使ったお手入れをすると良いでしょう。キッチンペーパーにジェル用のブラシクリーナーや無水エタノール、ジェルクリーナーを含ませて拭き取ります。その後クリアジェルで筆を馴染ませ、筆先を整えます。

ただ溶剤を繰り返し使ってお手入れをしていると、毛先が傷む原因に繋がってしまうので、ブラシを使い分けることもおすすめです。クリアジェルとカラージェルはもちろんですが、濃いカラー用、ラメ用も使い分けると良いですよ。

トラブルレスキュー

そして、筆のお手入れと言えば、こんなトラブルを経験したことはありませんか?筆が固まった…筆が割れた…よく耳にします。そんな時の救済策を合わせてご紹介しますので、覚えておくと良いかもしれませんね。

<トラブルレスキュー① 筆が固まった>
小さなガラス容器にジェル用のブラシクリーナーを入れます。この時、プラスティックの容器だと溶けてしまう恐れがあるので注意してくださいね。筆を浸けて数分をおき筆を軽く振ると汚れが浮いてきます。筆を触って柔らかくなっていたら、固まったジェルが溶けていますよ。

筆の中に残ったジェルが光を浴びて硬化してしまったことが原因として考えられるので、筆の保管場所などには注意するようにしましょう。具体的には施術中にライトの光が筆にも当たってしまった場合や保管中に長時間光が当たってしまったという場合がありますよ。

<トラブルレスキュー② 筆が割れた>
ブラシクリーナーで筆の中のジェルまで洗い、キッチンペーパーで優しく拭き取ります。その後、水ですすぎ熱湯に軽く浸けたら、穂先を整えながらお湯から上げます。お湯につけることで筆の癖を直してあげるイメージです。

ジェルブラシは消耗品ですので買い替えは必要ですが、今まで頻繁に買い替えていたという方はぜひ一度お試しください。

関連記事

  1. ワンカラ―に飽きたらネイルパーツが使える

  2. 冬の大敵「乾燥」

  3. ファイリングがうまくできない

■ 資料のご請求、体験イベント予約はこちら